LINEスタンプを作ってみた!(流れ編)

 今更ながら、LINEのクリエイターズスタンプ(アニメーション )を作ってみました。今回作ってみて苦労したこと・改善点・気を付けたいことなどを備忘録的に書いてみようと思います。

1.どうやって制作する?

Adobe Illustratorでキャラクターを描く

私の場合アニメーションスタンプを作りたかったので、Illustratorでキャラクターを描いて、
動きをレイヤー分けして一つのスタンプに3〜4コマくらい描きました。

Adobe Animateで動きを付ける

続いてAnimateで動きを付けました。Animateの中でシンボル化してしまうと、制限ができてしまったりして、どのパーツをシンボル化するか、あるいはしないのか、あらかじめよく考えて制作する必要があります。また思ったような動きではないと、Illustratorに戻って修正したりということもありました。制作については、また別の機会に解説できたらと思っています。

2.申請の苦労

発売国の範囲でリジェクト

スタンプの申請をしたら、リジェクトされたというお知らせが来たので、なんだろうとおもったら、発売国の範囲指定で不備があったようで、指示の通りの国を対象から外せばOKとなりました。

一番安い価格設定で個数は最大に

クリエイターの皆さんが真剣に挑んでいるのですから、一切の手抜きは禁物です。普通のスタンプは120円から最大で40個の販売ができますが、アニメーションスタンプは250円が一番低い価格設定で、24個まで販売できます。私は16個を250円で販売してしまったのですが、リサーチ不足だったと後悔しています。アニメーションスタンプなら250円で24個がベストでしょう。

3.タイトルと説明文に注意

どんなワードで検索されるか

スタンプを購入するとき、どんなワードで検索するかを想像することが大切になります。例えば、私の場合、キャラクターに名前をつけてタイトルにしてしまい、「ブタ」のスタンプであるという表記がありませんでした。人気クリエイターのスタンプが上位を埋めてしまうので、せめて検索で上位を狙いたいですよね。どんなワードで検索されるかをよく考えたタイトルと説明文にしましょう。

漢字・カタカナ・ひらがなで表記

私のスタンプはブタのキャラクターなので、「ぶた」「ブタ」「豚」すべての表記をタイトルと説明文に入れるのがベストとなります。これだけで検索される幅がぐっと広がります。

4.タイトルと説明文はリリース後も修正できる

販売停止にしなくてOK

後からタイトルと説明文を修正したいけれどもう遅いの?というかた、安心してください。
タイトルと説明文はリリース後も修正できます。編集画面から、修正を加えて、申請してください。販売停止にする必要はありません。今のバージョンで販売しつつ、承認が下りたら上書きリリースすればOKです。

5.収益化は今後の課題

びっくりするくらい売れない

正直ここまで、というくらい売れません。よほど知名度のあるクリエイターや、フォロアーの多いインフルエンサーならばともかく、普通のイラストレーターが作ったスタンプなど、まあ売れません。

継続して作ることが大事

ひとつ作ったところで、ほぼ埋もれます。継続してリリースしていくことが大切です。良いものは絶対評価されると思いたいですが、現実はそれだけでは売れません。収益化は今後の課題で、プロモーション活動も含めて、しっかり考えていきたいところです。


6.最後に

以上、LINEスタンプ制作の流れや注意点をざっと上げてきました。参考になれば幸いです。ちなみに下記が私の作ったスタンプです。

ブタの仲良しスタンプ

もしよろしければ、ポチッと購入してください。よろしくお願いします!

コメント

このブログの人気の投稿

ビューラーあなどれない!

ビッグシルエットカーディガンとパーカーワンピのコーディネート